クレジットカード 手数料

クレジットカードはどうして無料で使えるの?

クレジットカードは一括払いなら、手数料なしで利用することができる上利用金額に応じたポイントも貰うことが出来ます。
ここで、どうして無料でこのようなサービスを提供できるのか不思議に思われる方もいるかもしれません。そこで今回はその仕組みについて説明したいと思います。

 

例えば、1万円の洋服を皆さんがクレジットカードで購入したとします。クレジットカード会社はみなさんに1万円を請求して、またそれに加えてポイントも付与されます。そうするとカード会社はポイント分だけ損をしているように見えますよね。でもそんなことはないんです。というのもクレジットカードは、加盟店、つまりみなさんがカードを利用したお店から手数料を徴収するからなんです。お店としては手持ちの現金がない人にもカードを利用することによってどんどん買ってもらいたいですから、手数料を払ってでもカード決済を導入しているお店が多いんですね。

 

クレジットカードはとにかくポイント還元率で選べ

 

クレジットカード会社は、加盟店から徴収する手数料で利益を得るというビジネスモデルです。その手数料の一部を皆さんにポイントという形で還元することで、みなさんにもっとクレジットカードを使ってもらおうとしているわけなんです。

 

といっても、還元率はカード会社によってまちまちです。また、高還元率のカードであっても年会費がかかるところもあります。できれば年会費無料で還元率が高いカードのほうがいいですよね。そこでおすすめのカードを3つ紹介したいと思います。

 

楽天カード

利用金額の1%という一般的なカードの2倍のポイントが貰え、そのポイントは楽天グループが運営するサービスや、サークルKサンクスの店頭でも利用することができます。

 

リクルートカード

です。このカードは年会費無料のカードとしては最高峰の1.2%還元です。付与されるリクルートポイントは、じゃらんなどのリクルートが運営するサイト、またpontaに交換することでローソンの店頭でも利用することができます。

 

さらに年会費のかかるリクルートカードプラスは、2.0%という業界最高水準の還元率です。年間50万以上利用するなら、こちらがオススメ!

 

REXカード

価格.comが発行するクレジットカードでJACCSカードでの発行となります。ポイント還元率は1.75%で年会費は年間50万以上の利用で無料となります。
また、ポイントはクレジットカードの利用代金から実質現金値引きですので、どんな使い道にも使えるのが魅力的ですね。