クレジットカード 解約

クレジットカードを解約する理由

 

クレジットカードは便利なものですので一度作成したら継続的に利用する事が多いです。
ですが、特典が悪くなったり、自分の生活スタイルと合わなくなったり、より高いポイント還元率の高いカードが発行された際には、今持っているクレジットカードを解約して新規に作りなおすというケースもよく見受けられます。

 

今やクレジットカードは銀行などの金融機関からのみ発行されるものではなく、一般の小売業者や運輸業者、メーカーに至るあらゆる分野の企業で発行されており、各企業で顧客の囲い込みをこぞって進めています。

 

カードを発行している企業グループを使う際に様々な特典がつくようになっていますので、その企業グループを使うことが自身の生活スタイルになっている場合には非常に大きなメリットを享受できる反面、生活スタイルが変わってしまうと魅力が激減してしまいます。
そういう場合にはいくら良い店舗利用特典を設けても解約を押しとどめることが出来ません。

 

結局、一番重要な解約理由はポイントの還元率?

 

クレジットカードでは、カードを使用して支払いをした金額に応じてポイントが付与されます。このポイントはキャッシュバックや景品との交換に使うことが出来るのですが、
このポイントの還元率はカードによって異なり、このポイント還元率はクレジットカードの継続率に大きく影響しています。

 

まず、店舗利用特典などとは違い、生活スタイルの変化によってカードを切り替える必要はありません。
どこで買い物をしても同様に高いポイントがつくのであれば解約する必要がないのです。

 

ただし、生活スタイルに依存しないということは発行体ごとの強みや個性を発揮できないということでもあります

 

当初は0.5%相当の還元率のカードが主流でしたが、1.0%相当の還元率のカードが出現して広まりだし、今では1.5%や2.0%相当のポイントを還元するカードも出現してきています。
それだけ各社もポイントの還元率が契約者の解約を押しとどめる効果があると考えているのでしょう。